人の幸せをつくるエロチャット   >   マナーは守るもの

マナーは守るもの

マナー

エロチャットは簡単にエロという欲求を満たすことができるコンテンツでありますので、仕事でたまったストレスを発散する為に使うこともできます。

エロチャットを見ることを自分のご褒美として、一生懸命仕事を頑張っている人も中にはいるでしょう。人にはそれぞれのストレス発散方法があり、その発散方法の1つとしてエロチャットが活躍している現状もあります。

しかし、エロチャットを見ている男性側の意見や環境を押し付けて、男性だけが楽しめるコンテンツではない事を肝に銘じておかなければなりません。

そもそもエロチャットはその動画をみる男性がいないことには配信する理由がありませんが、逆にエロチャットを配信する女性がいないことには、エロチャット自体が存在しません。要するに、エロチャットは男性も女性もどちらもいないと成り立たないものであるともいえるのです。

そのため、エロチャットを見ている男性が自分の欲求やストレスだけをぶつけたり、自分勝手な要望ばかりを押し付けることをしてはいけないのです。

つまり、エロチャットをするにあたっても「しっかり最低限のマナーは守りましょう」ということです。

たまにルールやマナーなど人が作った規制や規則は破るためにあるというばかばかしい意見を、かっこつけたり自分の行動を正当化したりする人がいますが、それは論外の話です。ルールやマナーがないのなら、それは犯罪の蔓延したただの無法地帯です。

もしもエロチャットをそういったものと同義だと捉えている人がいるのなら、エロチャットをするべきではないでしょう。

連絡先をしつこく聞き過ぎない、女性が不快に思う行動や言動は使わない、自己中な連続的なコメントはしないなど、当たり前の最低限のルールですので、しっかり守りましょう。